2014年 03月 10日

1sinスポット企画第2弾

久しぶりの更新が1sinの告知になってすいません!
先週末から受注を開始しました
1sinスポット企画第2弾『EXPLORER TEE&RESISTANCE TEE』
主にBlogとTwitterだけでの告知ながらたくさんのオーダーをいただいてます。
ありがとうございます!
念ブログでは1sinBLOGやWEBSHOPには書ききれなかったことでも。

a0135154_1446027.jpg

『EXPLORER TEE』
僕がスティーブ・ジョブズなら一言
「良いよね〜クールだよね〜」って。

念ブログを昔から読んでくれている人たちはご存知かもしれませんが
1sinをはじめる前にデイウォーカー名義で「コシバキTシャツ」
というTシャツをつくったことがあるのですが
個人的にようやくコシバキTを超えるTシャツが出来ました。
もうね、生地がとんでもなくヤバいです。
上質なスーピマコットンを使用していてトロトロって感じです。
でもコットン100%なので抑えるところは抑えてる的な。
う〜ん言葉じゃ説明出来ない(笑

僕は10年来のナイスネイビー党なんですが
生地で探すとナイスネイビーなネイビーは意外と少ないんです。
色はあっても生地がフィットしないとか…
今回はズバリなネイビーが見つかったので
「つくるしかないっしょ」って。

パターンはatelier comoptiさんのSTANDARDという型を使用してます。
少し細めでシュッとした綺麗なシルエットです。
まあ間違いないです。

a0135154_14461783.jpg

『RESISTANCE TEE』
スポット企画のコンセプトが僕が「毎日着たい」なんですが(笑
今回はそこに「夏に着たい!」を足したらやっぱり白Tでしょう。と。
白Tはこのところのマイブームなんです。

シルエットはボックスで生地はタフなコットン
B.D糸っていう通常のリング糸とは違った紡績でつくった生地で
ザックリとした風合いが抜群に良いのです。
どシンプルなポケTなんですが、
袖口がまくってあるように仕上げているので
1枚で着てもサマになります!

こちらはcomoptiさんのCLASSICALをベースの型に使用してます。
このボックス的なシルエットが白Tに合うんですよね。
こちらのポケットはヴィンテージTシャツに多いホームベース型。

RESISTANCE TEEはものすごく個人的な趣味が色濃いので
あんまり売れないだろうなあと思っていたところ
EXPLORER TEEと変わらない受注数なんですよね。
やっぱり白Tイイですよ。
僕はMとLをその時の気分で選んでます。

お得なPACKからオーダーが入っていて
当初20セットの予定が2日で超えてしまったので
急遽単品を減らして30セットにしました。
現在残り4セットです。

ご予約はこちらから! 
1sin WEBSHOP




一時期は生地からこだわったTシャツが多かったのですが
ここ数年はまたあり物のTシャツにグラフィックをのせるのが流行っている気がします。
たしかに安くてイケテるグラフィックTは僕も好きなんですが
やっぱり僕はTシャツだからこそ生地や縫製からこだわりたいんですよね。
で、今回はカスタムTシャツの製作をしているatelier comoptiさんに製作を依頼して
とことん生地と縫製にこだわったTシャツをあえての「無地ポケT」でつくりました。

atelier comoptiのオーナーの遠藤さんは
生地へのこだわりがハンパなくてちょっと変態的かな。
もともと大手生産会社にいたのですが
生地への思いがスパークしてカスタムTシャツのお店を立ち上げちゃったほどです。
僕なんかつまらない人間なんで最初聞いた時に
“冬どうすんすか?”ってつまらないことを聞いちゃいました。
実はスポット第1弾のMELLOWNESS Hoodieも遠藤さんが
抜群の生地を持ってきてくれたところからはじまってます。

無地のポケTというどシンプルなアイテムだからこそ
生地と縫製にとことんこだわってます。
だけどこのスポット企画はそれだけじゃなくて
価格にもこだわっています。
ともに4,800円、激安とは言いませんが
この生地と高い縫製技術を持つ国内工場の生産背景からしたら
これってけっこう凄いことだと思うのですよ。
何が凄いってatelier comoptiのインラインより安いんですから(笑
遠藤さんすいません!!

ウチはガチガチの個数制限&受注生産で
comoptiさんは1点ずつの生産なのでかかるコストが違うんですよ。
しかもあちらは生地、型やポケットの位置まで細かく変更出来るのですから。

あんまり価格について話すのは野暮かもしれませんが
僕はもともと買う側の人間で、洋服で部屋2つは潰してきたので
「良い物は高い」っていうのは身体で分かっているんですけど
それでも自分でつくるものは「でも買いやすいよね」ってありたいなあと。
もちろんそれで誰かが著しく損や負担を負うのであれば
その時は迷わず1sin辞めますけどね。
僕はものすごく独創的なファッションを生み出せる訳でもないですし、
そういうモノはコレクションブランドで僕も買いますし(笑
かといってプロダクトベースのブランドでもないので
その辺りが常に自問自答の日々なんです。
実は「買いやすい価格」というのは
1sinみたいな小さなブランドにはとても難しくて…
なのでこのスポット企画はそのあたりにも新境地を見いだした気がします。

そう言うのをひっくるめて
“そんなのどうでも良いから楽しんじゃってよ”
ってなるのがTシャツだと思ってます。

atelier comoptiさんのHPは見てるだけも楽しいのでぜひ。
atelier comopti
[PR]

by daywalker00 | 2014-03-10 17:48 | 雑念


<< 定点観測      12/22,25&1/7 >>